7月のランニング記録を振り返る

こんにちは。Diegoです。

昨日で7月も終わりました。早いものですね。先月は結局、月間走行距離が約377kmで400kmに届きませんでした(以下は参考までにGarminデータ)。別に400km超えを目標としているわけではないので、特に練習が足りなかったとも思っていませんが、これを機に少し6月と7月をまとめて振り返ってみたいと思います。

6月

  • 走り始めてから初めて全く怪我もせずに満足に1ヶ月走れた感あり
  • 週7日のうち週5を完全にスロージョグ、2日をポイント練習でルーティン化
  • このスロージョグを通じて、ベースとなるフォームが固まってきた感あり
  • ポイント練習は10kmのペース走とインターバルが中心
  • 平日に帰宅RUNを導入。距離に貢献
  • 体重が約2kg落ちる(5月は約262km走っているが体重はあまり変わらず)

7月

  • 7月も一切、怪我をせず。
  • 練習のルーティンを少し変更。2日スロージョグ+ポイント練習のサイクルへシフト
  • 心拍データを真面目に見始める
  • ジョグスピードをキロ6分から5:20-5:40ぐらいへペースアップ
  • 出張の兼ね合いで走れない日もあり。一方で出張先は暑くなく快適にランニングに取り組めた感あり
  • 平日の帰宅RUNはほぼできず
  • 梅雨の影響や暑さもありトレッドミルもそれなりに導入
  • ポイント練習は20kmないし30kmのペース走中心へ。インターバルはあまりやらず
  • ポイント練習・レース用にNIKE Zoom Fly導入
  • 体重が約1kg落ちる

個人的に7月のポイント練習は長距離低強度がキーワードでした。30km走を2回実施しましたが、2回目後の疲労や筋肉痛は1回目に比べて圧倒的に小さい印象があります。ですので長距離向けの脚作りは徐々に出来てきたのではないかと思っています。これは8月も継続して実施したいと思っています。

一方で自分の中での不安はスピードです。大会時の気候は今より圧倒的に涼しく条件がよいと頭の中では分かっていますが、7月は実際のレースペースで全く走れていません。よって現在の練習がLT値向上に大きく貢献していると思うものの、実際に本番でレースペース以上で走れる自信が全く持てていません。この辺りに夏場の練習の難しさを感じています。

さて8月ですが、ポイント練習のペース走は継続して20km、30km走を続けていくつもりです。一方で徐々にインターバルを復活?させていこうと思っています。インターバル走はトレッドミルでも結構できるので、夏場でも取り組みやすいメニューだと思っています。距離に関しては家族との夏休みイベントが満載なのでどれぐらいこなせるか未知数ですが、350kmはいけるのではないかと思っています。このあたり、8月末にまた振り返ってみようと思います。

さて、8月を乗り切れば徐々にまたトレーニングしやすい時期に入ってきますね。一方で自分は10月頭のレースまでの時間が迫ってくるので9月はテーパリングに時期になっていきます。そういう意味では走り込み期は8月が最後なので、この1ヶ月をなんとか乗り切っていきたいと思います。

皆さんのトレーニング状況はいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。