胸ベルトとおさらば?Wahoo TICKR FITレビューその2

こんにちは。Diegoです。

今回は少し前にポストした「胸ベルトとおさらば?Wahoo TICKR FITレビューその1」の続編としてWahoo TICKR FITの精度検証編となります。実際に胸ベルトとWahoo TICKR FITを同じ走行で別々に計測したので、そのデータを比較してみたいと思います。

測定方法は以下の通りで実施しました。

  • 胸ベルト:GarminウォッチとANT+で接続、Garmin Connectからデータダウンロード
  • Wahoo TICKR FIT:スマホとBluetooth接続、Wahoo FitnessからSRTAVAへデータ共有しダウンロード

で、実際のラン自体は合計10kmのうち最初から8kmまでを基本同じペースでジョグ。そこから1kmをインターバルペースで走行。500mレストし最後500mをまだインターバルペースで実施しました。よって安定したペースでの心拍とインターバル時の急激な心拍の変化が取れたと思います。

では早速ですが、以下がそのデータです。まずはサマリーから。左がGarmin(胸センサー)で右がTICKR FITです。平均の数値が2bpm最大心拍も4bpm違っており、共にTICKR FITのほうが高く出ました。また線グラフを見比べる限り似てるようで違うようにも見えるので、ここは実際にデータをエクスポートして比較してみました。

その比較データがこちら。オレンジが胸センサーで青がTICKRです。因みにまず生データを見て気づいたのは、Wahoo Fitness側(もしくはTICKR側)が毎秒のログを持っているのに対し、Garmin側はデータが毎秒取れておらずところどころ飛んでました。アプリ側の問題とは思えないので恐らくセンサー側の問題でデータが正しく取れてないのでしょうか。いきなり胸センサーがもっとも信頼性が高いという説が少し崩れました。

次にグラフをよくみていくと、一部で全く違う数値を出しているエリアがあるものの、基本的な動きはどちらもあまり変わってません。ジョグ時の多くの部分で同じような値を示しているし、インターバル時の変化も総じてトレンドとしては同じです。この時点でWahoo TICKR FITが胸センサーの代わりになるということを改めて自信を持って言えそうです。また一方で、むしろ胸センサーのデータ側の方に不自然に思えるところも散見されるので、場合によっては胸センサーより精度が高いと言えてしまうかもしれません。少なくとも私は信頼を持ってTICKR FITを使えそうです。

これを機に皆さんもこれを機にWahoo TICKR FITを導入してみては如何でしょうか!

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。