明確な目標を置いて夏のトレーニングを乗り切る

こんにちは。Diegoです。

本格的なマラソンのトレーニングは去年の12月からなので、当然ですが夏のトレーニングは初めてです。暑い中走っていると思うのは、マラソン歴の長い方々は毎年夏のトレーニングをどのように乗り切っているのか?ということです。毎日走っているランニングコースでほぼ必ず顔を合わすランナーの方々がいますが、そのモチベーションを思わず聞きたくなったりします。やはり何かしらのモチベーションがなければ日々のトレーニングは苦痛になるので、皆さんそれぞれ目標があるのだと思います。

そこで、私の場合は手っ取り早くレースに申し込みをしてみました。元々レースをいつにするかずっと悩んでいたのですが、早めの時期に設定して退路を断ったほうがよいと思い、9月の頭にハーフマラソンを1つ、そして10月の頭に本番のフルマラソンの申込みを行いました。RUNNETで見てみると、夏場も多くのハーフや20km、またはフルの大会があるようですが、フルに関してはその多くは東北だったり北海道だったりですね。前哨戦的なハーフも大会は関東近郊のレースも色々ありますが、流石に真夏に昼間のレースに参加する意義も見出しづらく、9月のナイトレースに申込みをしてみました。

本番は10月なのでちょうど今から3ヶ月ほどです。集中的な走り込みが必要で手を抜くことは許されない期間だと思うので、それを心の糧に夏のトレーニングを乗り切ろうと思っています。特にポイント練習においては、徐々に10kmから20km、更に30kmへと長めのペース走を取り入れ始めており、現在は少なくとも週2回のポイント練習のうち1回は20km走にしています。そこを徐々に30km走に切り替えていこうと思っています。基本は週末の早朝ですが、既に暑いので精神的に鍛えることも出来るのではと思っています。

またトレーニングの進捗というか成果を簡単に図るために5kmのタイムトライアルに出てみたいなと思っています。5kmだと心理的ハードルもかなり低く参加できますので。成果というのはVDOTで図ることになると思いますが、少しでもレース慣れしておきたいという心理もあります。

レースでのデータに関しては、またこのブログで共有していきたいと思いますが、夏のトレーニングの乗り越え方は是非色々な諸先輩の経験や知恵を聞きながら自分のトレーニングに取り入れていきたいと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。