帰宅ラン用のバック選びは一択だった

こんにちは。

5月は走行距離270kmでしたが、直近の目標は体脂肪減によるタイム向上なのでジョグでの走行時間・距離を伸ばしていきたいと思っています。そこで今月の梅雨入りも念頭に帰宅ランを開始しました。

帰宅ランを開始するにあたり、購入したものは帰宅ラン専用のランニングバックです。先日、スーパースポーツゼビオ東京御茶ノ水本店へ行って複数を比較検討しながら購入してきたので、今回はその話を書きたいと思います。

まず第一に考えなければならないことは、通勤時にランニングバックに入れる持ち物です。帰宅ランを想定した最小限の装備で臨むことを前提として、以下になります。

  • MacBook Air 11インチ
  • MacBook Airの電源
  • 弁当箱 (幅21cm x 奥行き11cm)
  • ランニングウェア

幸運にもスーツなどフォーマルな格好で働く必要がない職場環境なので、ジョグ用のナイキ エピックリアクト フライニット(参照:2足目のジョグ専用シューズ選びに悩んでいる人にオススメしたい一足)で通勤し、そのまま走って帰る前提です。靴下も最初からランニング用のものを履いて出勤します。服装も半袖にデニム(または短パン)なので、帰宅ラン時はそれがランニングウェアの入れ替わりで入ることになります。また併せて財布・携帯・鍵もバックにしまいます。

この前提で色々とスポーツゼビオ東京御茶ノ水本店の店頭で商品を比較検討したところ、結論としてはサロモン TRAIL 20に着地しました。理由は上記全て(特に弁当箱)の荷物が入り、装着感もよく、コスパがなにより抜群だったことです。

その他のオプションとしては、グレゴリー ミウォック 18というものがありました。こちらも収納力はよかったのですが、価格がサロモンの倍近くだったので、サロモンに軍配が上がりました。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。