大迫傑のアドバイス

こんにちは。Diegoです。

マラソン完走を果たし自己ベストを目標とし始めると、どこかで必ず”地面反力を最大限に活かす“という言葉に出くわします。これは大抵の方にはイメージが湧きやすく納得できる話ですし、これを言うことは非常に簡単です。しかし実際にそれを会得して自分の走りに取り入れるのはかなりハードルが高いと言えます。実際に自分も今まで日々のジョグの中でずっと模索している部分でもあります。

そんな中、たまたまとても参考になるYouTube動画に出くわしました。それが以下の大迫傑選手と横田真人さん(元800m日本記録保持者)のレッスン動画です。

このビデオは色々と参考になる情報が沢山含まれているのですが、個人的に一番刺さったのは、”腿上げではなく腿下げ”というくだりです。

実際に早速ジョグ中にももを上げることではなくももを下げることを意識を持っていくと、地面からの反力を普段より分かりやすく感じることができます。個人的には地面に足を突き刺すイメージがしっくりきます。

しかし一方で実際にやってみると、この突き刺す動作に足の筋力がついていけるのかどうか正直少し不安になります。ジョグならまだしも今の状態でレースペースで長距離実施したら、ふくらはぎなど怪我をするのではないかと懸念が生まれてきます。

なのでこれは普段のジョグからはじめ、徐々にポイント練習に取り入れていきたいと思います。また同時に大臀筋の強化が図れれば足の余分な負担が減ると思うので、この辺りの強化もMustでしょうか。もし体幹トレーニングに関する大迫選手のビデオや記事が見つかれば、また本ブログで紹介したいと思いますし、自分でも取り入れたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。