ランニングエコノミーは大転子ではなくて大臀筋

こんにちは。Deigoです。

書きたいネタは色々あるのに忙しさにかまけてなかなかブログを更新できてません・・・が、東京マラソンに向けて着々と走っているので、最近のトレーニングで特に意識しているランニングエコノミーに関して少し書きたいと思います。

ランニングエコノミーは”エコノミー”という言葉がつくだけあって、いかに”経済的”な走りをするかという事にフォーカスされますが、端的に言うならばスピードをロスするよう無駄な動きを減らし、なるべく大きな筋肉で走るというところに辿り着くのではないでしょうか。

この最初の無駄な動きを減らすという部分に関しては、手っ取り早い方法が着地によるブレーキングを減らすということなのですが、言うのは簡単、実際に行うのは難しく、ぶっちゃけ出来ているかどうかもよく分からない動作です。但し、着目点は明確で、ランニングバズワードとしてよく聞かれる”フォアフット”だったり”ヒールストライク”を代表する着地のポイントと(個人的には以前のブログ記事「フォアフット・ミッドフット論争に終止符!ランニングでの着地のポイント」で書いた通り、これらの表現は曖昧なので個人的には湧泉での着地を心がけています)、それと同等以上に重要かもしれない”重心の真下”で着地するということです。

この重心の真下で着地するというのは実際に試してみると分かりますが、体を少し前に倒して自然に足が前に出ていくような体勢でなければ上手くいきません。例えばインターバルの最後の方で心拍が上限まできているような、息が上がってて体が起きている状況ではなかなか難しくなってきます。

で、この体を少し前に倒した状態で下半身を動かしていく中で、今度はどこに意識して走るかというと、一番巨大な筋肉である大臀筋、すなわちお尻の筋肉になります。よく”腰高”という表現が使われますが、腰の位置を高く保つという「どうやって?」なものよりは、お尻が後方上空を向くような”尻高”の感覚が実感として自分の中にあります。

この体を少し前に倒した”尻高”の大殿筋の動きは、どちらかというと自分の中で左右の大転子をローテーションして走るというよりは、大臀筋を前後に動かして走っているイメージが強く、よって近頃まったく大転子の意識をすることがなくなりました。という訳で、ランニングエコノミーにおいて注目すべきは大転子ではなく大臀筋!と声を大にして言いたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。