ランニングメッカ・ケニアのトレーニングとは?

こんにちは。

ランナーズ2018年6月号は皆さん読まれましたでしょうか。ランニングのメッカ、ケニアのイテンでの藤原新さんのコラムを読んで驚いたので、一部紹介させて頂きます。

具体的に何に驚いたかというと一週間の練習メニューです。コラムによると内容は以下の通り。

  • 月:モデレート(ジョグから段々とペースを上げていく約15km走) → ビルドアップ走みないなもの?
  • 火:ファルトレク(坂の豊富なコースでスピードのアップとダウンを繰り返す20km走)
  • 水:フォレストラン(トレイルランのようなコースで約18km走)
  • 木:トラック(1000m x 10本) → インターバル走?
  • 金:イージー(ゆっくり約10km走)
  • 土:ロングラン(20km〜30km)
  • 日:イージー(ゆっくり約10km走) or レスト

まず何と言っても日々のメニューがバラエティに富んでますね。中でもファルトレクは日本ではあまり馴染みのないトレーニングメニューです。首都圏では環境的にも探すのは難しそうです。

次に注目すべきは一週間の中でイージー以外をポイント練習に見立てると実に5日間。強度にもよるかもしれませんが、火曜日〜木曜日はハードな練習が3日連続で続いています。そして、金曜日1日だけ挟み土曜日にまたハードなロングラン。これで疲労が抜けるのか疑問です。よく言われる超回復の考え方からも外れてますよね。

実際に藤原新選手は結局終盤で怪我してしまったようですが、オーバートレーニングが元で怪我をしては元も子もありませんよね。市民ランナーレベルでは自分にあった強度や頻度でこのように違ったメニューを組み合わせるのは面白いように感じました。このブログでは今後も色々なトップ選手のトレーニングメニューも追ってみたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。