ランニングのアフターケア・セルフケアは道具を使えば経済的!

こんにちは。

ポイント練習やレースの後は体の特定の筋肉に違和感や疲労、痛みを感じたりすることありますよね。しかしそれが平日だと、仕事上なかなかすぐにボディケアに行けません。また病院や整体院、鍼灸院、カイロプラティック等ある中でどこに行ったらいいか分からない場合や、電話しても予約が取れるタイミングが翌々週末だったりとか。

またランニングでの故障のボディケアや治療は整体院、鍼灸院、カイロプラティックでの保険診療外の手術が主だったりします。よって病院感覚で数回通うと初診含め簡単に数万円が飛んでしまったりしますよね。

上記のことを勘案すると、ある程度自分でセルフケアをする道具を持っていた方が賢そうです。場合によっては、治療に行くまでもなく回復して経済面でもかなりお得になるケースもあるかもしれないし、何より早く手が打てます。

現在、私はポイント練習後に左臀部に慢性的な疲労やダルさを感じることが多いのですが、家に戻ってきて必ず使っているものの一つが、こちらのトリガーポイントのマッサージボールです。

よく筋膜リリースや筋膜はがしという言葉を聞きますが、筋肉を包んでいる膜をはがすとかリリースって言葉が意味不明ですよね。トリガーポイントの正しい日本語訳とも思えません。渡しの場合、左臀部に問題を抱えている場合は腰から背中の筋肉が張って固まっているケースが多いので、左臀部に加えそれらの筋肉をほぐすことに使っています。コリをほぐすと言ってもいいのかもしれません。
もちろん、いきなり買うのはハードルが高かったり、効果に懐疑的だったりすると思うので、まずはすぐに手に入り安価なテニスボールで試してみるのがよいでしょう。それで満足できればテニスボールがベストでしょうし、少し硬さが足りなかったり、ほぐしたいところにピンポイントでテニスボールの面が当たらないのであれば、検討してみてもいいかもしれません。
尚、硬さに物足りない人には、なんと上で紹介したMB1の2倍の硬さ!のMBXという商品もあるようです。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。