トレッドミルでの最適な設定は?

こんにちは。Deigoです。梅雨の季節ですが、このままいけば今月は月間400kmを超えそうです。

さて、少し前に「Garminデータから見る外での実装とトレッドミルの違い」という記事を書きました。そこで外でのピッチとトレッドミルでのピッチに乖離があることを明らかにしたのですが、今朝、雨が降っていたこともあり、ここぞとばかりにトレッドミルでその続編を実施してみました。単純に傾斜を変えて実施しただけですが、今回はその結果を共有したいと思います。

内容は以前と同じシューズ、同じトレッドミルで同じペース(すこーしだけ遅いけど)で走っています。キロ7:30で8km、60分走りましたが、前半30分と後半30分で傾斜を2.0度から2.5度に変えています。

で、一番期待したピッチですが、、、傾斜を増やしてみピッチは残念ながらあまり変わりませんでした・・・。傾斜1.5度の時から平均で1spm増えたに過ぎません。また、前半と後半で比べてもほぼ変化が見られないですよね。すなわち、傾斜を変えてみてもピッチには影響なくトレッドミル上ではやはり実走よりピッチが低くなる傾向にあるということが改めて確認されました。但し、これは万人に共通かはまだ分かりません。私は高ケイデンス(ピッチが多い)なので影響があるのかもしれませんが、これがストライド走法の人にも当てはまるのかは不明です。是非、この辺りは他の人のコメントも聞いたみたいところです。

さて、実は今回のテストを兼ねたトレッドミルランで、少し副産物がありました。私のGarminはForeAthlete 735XTJですが、このモデルにはトレッドミルとGarminウォッチのスピードの差を修正する補正機能がありません。よって傾斜が1.5度の際はGarminウォッチの方がスピードが速く出る = 距離が出る傾向にありました。何回か使った印象では、同じように10%ぐらい速いようです。しかし、傾斜を2.5度まで上げてみると、ほぼその誤差がなくなりました。また実際に2.5度で走ってみても慣れの問題も多少あるものの、地面を踏み進んでいる感があり、個人的には外での実走に近い印象を得ました。

したがって、個人的には雨の日のトレッドミルランはどんなスピードであろうと、実走に近い感覚の傾斜2.5度を基本にトレーニングに取り組んで行こうと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。