スロージョグペースの見直し。結論なるか?

こんにちは。Diegoです。

このブログでは日々のトレーニングの過程を通じて自分なりの試行錯誤をある程度赤裸々に共有して行きたいと思っています。よって、上級者の方から見るとだいぶ突っ込みどころがあるかもしれませんが、その時々でどのように考えてメニューを組んでいったかは言語化しておいて全く損はないと思うので、ここでも頻繁に書いていきたいと思っています。

さて、今朝はテーマがスロージョグのスピードの見直しでした。週5で実践しているアクティブリカバリーのジョグのペースが今まではキロ7:30でした。これをGarminウォッチのデータで見てみると心拍が完全にゾーン1なので、ゾーン2に着地するよう本日はキロ6:00で走ってみました。では、早速いつものGarminデータを見ていきましょう。

少しこのスピードに慣れてないのでスピードの安定感に欠けているのはご愛嬌w。でも平均ではほぼ6:00ペースで10km走りました。心拍が平均134bpmで着地してますが、この図を見ていると果たして本当に正しく計測できているか不安が残ります。特に後半・・・。

これをゾーン別のグラフで見ると狙い通りほぼゾーン2に収まっています。余談ですが、いつも思うんですが、なんで心拍数のグラフとゾーンのグラフは場所が離れているんですかね。

ピッチも平均がいつもどおりの190-200内で収まりました。最近はどのスピードでもすっかりピッチをキープした形で走れるようになってきた実感があります。

さて、データをパッと見た限りでは当初の目的は果たすことが出来たと思うのですが、やはり心拍データの精度に不安が残ります。よって、あと数回同じペースでスロージョグを実践して心拍の結果をみてみたいと思います。

また本来的にはアクティブリカバリーが目的のスロージョグなので、ちゃんとリカバリー出来ているのかも大切な基準になります。本日は特に何の疲労も残りませんでしたが、このジョグを続けていった上でポイント練習にフレッシュな状態で臨めるか、ポイント練習の日に確認したいと思います。

まだまだ梅雨が続きますが、その合間を縫ってしっかり距離を稼いでいきたいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。