アメリカ新規赴任者の中古車ディーラーと自動車ローン

アメリカに赴任するにあたって、真っ先に必要なのが車。とにかく車がなければ通勤もままならなければ、家族の行動範囲も極端に制限されてしまうので、なるべく早くほしいアイテムだ。特に家族持ちの方は自分の車はもちろんのこと、奥さんの車もなるべく同時タイミングで購入することをオススメします。

で、車の調達に関しては会社が社用車を提供してくれる恵まれた会社の赴任者を除くと、それ以外はリースないしローンで車を入手することになります。一般的に長期で組みづらいリースはローンと比べて割高なので、多くの人がローンという選択肢に自然と向かっていくのではないでしょうか。しかしその先には現実問題としてクレジットスコアがないのでローンが組めないという問題が立ちはだかる。

このクレジットスコア、過去の支払いに関する信用がスコア化されたもので、これがアメリカに住んだことのない人間には一切ないです。よって通常の自動車ローンが組めないという事態に陥ります。

しかし、実際に車が持てなくて生活に窮している日本人がアメリカに溢れているかというと、実はそんなことは全くありません。何故ならば、そういった事情の日本人赴任者を専門にしたローン及び中古車ディーラーが存在するから。

日本では新車を購入する人も多いと思うので、中古車ディーラーから中古車か・・・と思う人も多いと思います。しかし自分の経験から言うとまず上記のクレジットスコアの問題から新車を現地ディーラーから買うことはキャッシュとの相談となってくるので、なかな難しい人も多いのではないでしょうか。

で、その中古車の調達にあたっては、自分が知っている限りでは以下の日系の中古車ディーラー2社がそれなりの規模でサービスを展開しています。どちらも日本人駐在員が帰国時に仕入れるというケースが多く、”日本人が前オーナーだから安心”というのをウリの一つにしています。

Gulliver USA

Japan Auto Services

実際に自分は両方のディーラーを使いました。そして面白いのが、両方のディーラーから同じローン会社を紹介された(そして実際にローンを組んだ)という事です。それがAdvancialという会社です。この会社は、駐在員を送り込める規模の会社の駐在員ということを信用とし、クレジットスコアなしでもそれなりに妥当な金利でローンを組んでくれる。また何と言ってもSSNなしでもローンを組んでくれるので、アメリカ赴任初日に車が届くという事が可能です。

また、このAdvancialとのコミュニケーションサービスとして、間にAIG Travelという会社も登場します。最初は何者かよく分からないですが、この会社は新規駐在員向けに会員制で保険、ファイナンシャルサービス、旅行などでコンシェルジュサービスを提供する会社で、英語にまだ不自由な赴任者のサポート的な役割を担っています。なので、ローン会社とのコミュニケーションには必ず入り、困ったら何でも間で会話をしてくれます。このAIG Travelの年間コストは$440なので、その価値を感じる人々は会員になるとよいと思います。

以上、アメリカ駐在の情報を持っている人は別として、右も左も分からない人の事前情報として書いてみました。参考になれば幸いです!

ABOUTこの記事をかいた人

基本、毎朝ランニングで時々ロードバイク。数年前から炭水化物はあまり摂らなくなってきて健康志向かと思いきや、ビール・ワイン・日本酒等の飲酒量は増加傾向・・・。